注文住宅を建てて理想の暮らしをゲット|ハウ・トゥ・メイク・ハウス

家

木材について知る

家

北九州市で注文住宅を建てるのであれば、住宅の素材にはいくつかの選択肢があります。木造のほかには鉄骨造と鉄筋コンクリート造があり、どちらが優秀ということではなく、どの素材にもメリットとデメリットがあります。しかし、コストが安い、人体に優しい、断熱性が高い、地盤への対応力などの点で木造住宅が優れており、北九州市の多くの注文住宅業者は木造住宅を勧めています。また、それに合わせて木造で注文住宅を建てるという選択肢が増えているようです。

北九州市にて木造住宅を建てるにしても、いくつかの種類があります。
大きくふたつに分けるなら、無垢材と集成材があります。
無垢材とは、天然木と言い換えてもいいもので、伐採した木材から切り出したままの素材を使用して注文住宅を建てていきます。無垢材は天然木をそのまま使用しているため木の質感を感じることができ、人体にも非常に優しいという特徴があります。
一方集成材は、薄く成形した木材を貼り合わせて作った素材のことです。北九州市の注文住宅業者のなかでは無垢材より集成材を使用することが多いのですが、それは安価で丈夫、かつ使いやすくて品質が安定している、という特徴があるからです。ただ、質感やにおいの部分では無垢材に劣ります。

無垢材のなかにも、乾燥材と未乾燥材があります。
集成材は乾燥済みなので丈夫で安定しており、無垢材の乾燥材も同様に安定感を持ちます。一方未乾燥材は、注文住宅を建てたあとに乾燥しながら少しずつ収縮し、その際に音を発することがあります。比較的安価なのは未乾燥材です。

できるだけ安価で注文住宅を建てたいけど木の質感も欲しい、というのであれば、住宅の骨組みは集成材を使い、床に無垢材を使用する、という選択肢があります。そうすると注文住宅自体は安価で作りながら、床を歩いたときの質感を優しいものにすることが可能となります。